コーヒー 効能 お通じ

お通じを良くするコーヒーの飲み方|ダイエットにも効果的な方法

コーヒーは便秘に良いのか、悪いのか迷っている人もいるようです。確かに、コーヒーを飲むとトイレに行きたくなるという人もいれば、コーヒーを飲むと便が硬くなってしまうという人もいます。

 

 

答えは、『体質によって異なる』です。人によってはコーヒーでお通じが良くなり、人によってはお通じが悪くなります。

 

 

コーヒーが便通に影響を与える理由は、コーヒーに含まれるカフェインにあります。

 

 

1.コーヒーを飲むとお通じが良くなり理由
カフェインには、大腸の動きを活発にさせる働きがあります。ただ、毎日、大量のカフェインを取ってしまうと、徐々に腸がカフェインの刺激に慣れてしまうため、効果が薄れてしまいます。

 

 

2.コーヒーを飲むと便が硬くなる理由
カフェインには、利尿作用があります。コーヒーを飲むカフェインの力によって、コーヒーに含まれる水分だけでなく、体に必要な水分もおしっこで排泄されやすくなってしまいます。体内の水分が減ってしまうと、便に含まれる水分も減ってしまうため、便が硬くなってしまいます。

 

 

さらに、コーヒーには腸の動きを低下させるタンニンも含まれています。カフェイン、タンニンの作用によって、便が硬く、お通じが悪くなってしまいます。

 

 

コーヒーの効果と副作用を考えると、毎日たくさん飲むのではなく、1日に2〜3杯程度飲んで、カフェインで大腸を軽く刺激する。カフェインの利尿作用によって失われる水分をカフェインが含まれていない水や麦茶、ノンカフェインのハーブティーなどでしっかりと補給することが良いですね。

 

 

コーヒーゼリーでダイエットと便秘解消

寒天とコーヒーで作られたコーヒーゼリーは、便秘解消にもダイエットにも効果的です。コーヒーに含まれるカフェインで大腸の動きを活発にして、寒天に含まれる食物繊維で腸内環境を整える。寒天は低カロリーで満腹感を味わえるのでダイエットにも効果的です。

 

 

■寒天コーヒーゼリーの作り方
材料
・水500cc ・粉寒天4g ・砂糖60g ・インスタントコーヒー7g
作り方
1.水500ccを鍋にれて、火にかけます。
2.沸騰直前に粉寒天4gを入れ、2〜3分煮立たせてください。
3.砂糖60g、インスタントコーヒー7gを加え、さらに1〜2分煮立たせ、火を止めてください。
4.コーヒーが冷めたら容器に入れ、冷蔵庫で冷やします。
5.中まで固まったら完成です。

 

 

さらに、お通じを良くする効果を高めるためには、砂糖をオリゴ糖に変えてください。

 

 

オリゴ糖は、大腸内の善玉菌を元気にして、大腸の動きを活発にさせる働きがあります。また、砂糖に比べると甘みは少ないのですが、体内に吸収されるカロリーが少ないのでダイエットにも効果的です。

 

 

オリゴ糖の詳細についてはこちらの記事に書いてあるので参考にしてください。