コーヒー 効能 お通じ

お通じを良くするコーヒーの飲み方|ダイエットにも効果的な方法

コーヒーは便秘に良いのか、悪いのか迷っている人もいるようです。コーヒーを飲むと便秘が悪化してしまう人と逆にお通じが良くなる人がいます。体質によって異なるようです。

 

 

コーヒーが便通に影響を与える理由は、コーヒーに含まれるカフェインにあります。まず、カフェインが便通に悪影響を与えてしまうのは、利尿作用があるからです。そのため、コーヒーを飲むとコーヒーで取った水分だけでなく、体に必要な水分もおしっこで排泄されてしまいます。

 

 

体内の水分が減ると、便に含まれる水分も減ってしまうため、便は硬くなり排泄しにくくなります。さらに、コーヒーには腸の動きを低下させるタンニンも含まれています。このようなお通じが悪くなります。

 

 

逆に、コーヒーを飲むとお通じが良くなり理由は、カフェインに大腸の動きを活発にさせる働きがあるからです。ただ、毎日、大量のカフェインを取ると、徐々に腸が慣れてしまうため、カフェインの効果が薄れてしまいます。

 

 

このことから、コーヒーは毎日たくさん飲むのではなく、1日に2〜3杯程度飲む。そして、カフェインが含まれていない水や麦茶、ノンカフェインのハーブティーなどでしっかりと水分補給をすることが重要です。

 

 

コーヒーゼリーでダイエットと便秘解消

寒天とコーヒーで作られたコーヒーゼリーは、便秘解消にもダイエットにも効果的です。コーヒーに含まれるカフェインで大腸の動きを活発にして、寒天に含まれる食物繊維で腸内環境を整える。寒天は低カロリーで満腹感を味わえるのでダイエットにも効果的です。

 

 

■寒天コーヒーゼリーの作り方
材料
・水500cc ・粉寒天4g ・砂糖60g ・インスタントコーヒー7g
作り方
1.水500ccを鍋にれて、火にかける。
2.沸騰直前に粉寒天4gを入れ、2〜3分煮立たせる。
3.砂糖60g、インスタントコーヒー7gを加え、さらに1〜2分煮立たせ、火を止める。
4.コーヒーが冷めたら容器に入れ、冷蔵庫で冷やす。
5.中まで固まったら完成。

 

 

さらに、お通じを良くする効果を高めるためには、砂糖をオリゴ糖に変えてください。オリゴ糖は、善玉菌の1つビフィズス菌を元気にする効果があります。また、砂糖に比べると甘みは少ないのですが、カロリーがほとんど無いのでダイエット中でも安心して使えます。