ダイエット茶に含まれる危険な成分は

ダイエット茶を飲むと腹痛|成分を見て商品を選びましょう

ダイエットやお通じを改善するためにダイエット茶や便秘茶を利用している人も多いかと思います。薬局やスーパー、もちろんネット上でも色々な商品を見つけることができますよね。

 

 

お茶と言われると体にも良さそうなイメージがありますが、ダイエット茶や便秘茶と言われるものの中には、体に害を及ぼす可能性もあるので注意が必要です。ダイエット茶を飲んだら、下剤と同じような症状(腹痛や下痢)が現れたという指摘もあります。

 

 

もちろん、体に負荷をかけずに、脂肪の吸収を防いだり、お通じを改善してくれる商品もあります。正しい知識をつけて、健康にもダイエットにも良い商品を選んでください。

 

 

体に悪影響を与える成分

お茶を選ぶときには、まずはパッケージ裏側やネット上の紹介文に書いてある成分表を確認してください。そこにアロエ、センナ、キャンドルブッシュと書いてあったら注意が必要です。

 

 

アロエもセンナもキャンドルブッシュもすべて植物の名前です。植物由来の成分だったら体にも良さそうと思いがちですが、こららの植物に含まれている成分は、体にとって毒物です。

 

 

アロエ、センナ、キャンドルブッシュを摂取すると、便意が起こり、トイレに行くと柔らかい便が出ます。この症状が現れる理由は、体にとって毒となるものが入ってきたので、急いで排泄しようと体が反応したためです。

 

 

つまり、アロエ、センナ、キャンドルブッシュの入ったお茶を飲むと、突然、腹痛に襲われ、トイレに駆け込むことになります。作用が強く、即効性があるので安易に頼ってしまう人もいるのですが、腸に大きな負担をかけるので注意してください。

 

 

このようなお茶を常に飲んでいると、腸は毒物による強い刺激を受け続けるため、刺激が強く無いと便意が起こりにくくなってしまいます。つまり、自然なお通じが出来なくなり、便秘茶や下剤に頼らないと排便ができないようになってしまいます。

 

 

まるで下剤みたいですよね。そうなんです!!実は、効果は強いけどクセになりやすい、副作用が出やすい刺激性下剤にも含まれている成分なんです。

 

 

健康にも良いダイエット茶、便秘茶を飲んでいると思っていたのに、下剤を飲んでいるのとあまり変わらなかったという状況になっている場合もあります。

 

 

アロエ、センナ、キャンドルブッシュが含まれているお茶を飲むときには、(出来るだけ避けたほうがいいですが)飲む量に注意してください。毎日、たくさん飲んでしまうと便秘症状を悪化させてしまう可能性もあります。

 

 

お勧めのダイエット茶は、いろいろありますが脂肪の吸収を抑える作用があるプーアル茶や黒豆茶がお勧めですね。ただ、それほど大きな効果は期待できないのであくまでもダイエットの補助的なものとして考えてください。

 

 

ダイエットのメインとなるのは、当たり前のことですが、バランスの取れた食事、お通じに効果的な食材を多めに食べる、そして軽めの運動ですね。