生理 便通 お腹の張り

生理中はお腹が張りやすくなる|体重も増えやすい時期なので注意

生理前から生理中は、便秘は悪化するし、体重は減りにくくなるし、イライラもして本当に辛い期間ですよね。しかし、この時期をいかに上手く切り抜けるかが、ダイエットと便秘解消の成功のカギとなります。

 

生理が近づくと起こりがちな症状

□ むくみやすくなる
□ 脂肪が落ちにくくなる
□ 便が出にくくなる
□ 便が硬くなる
□ お腹が張りやすくなり

 

 

このような症状が起きてしまう原因は、女性ホルモンの1つ黄体ホルモンの分泌が多くなるためです。黄体ホルモンは妊娠の準備をしてくれるとても大切なホルモンです。しかし、この妊娠の準備がダイエット、便秘解消を妨げてしまう原因にもなります。

 

 

黄体ホルモンによる影響

  • 便からの水分の吸収が増える
  • 黄体ホルモンの分泌が増えると、水分の排泄が抑えられ、体内に水分が蓄えられるようになります。そのため、大腸によって便から吸収される水分も増えてしまうため、便が硬くなってしまいます。

     

     

  • 大腸の動きを抑える
  • 黄体ホルモンは妊娠の準備のために子宮の動きを抑えます。このとき近くにある大腸の動きも抑えられてしまいます。大腸がしっかり動いていないと、スムーズに便が排泄できなくなってしまいます。

     

     

    腸内環境を整える方法

     

     

  • 食欲が増加する
  • 妊娠のためには影響を体内に蓄える必要があるため、食欲が増加します。食欲が増えると、カロリーが高い肉料理や油物が食べたくなってしまいますよね。肉や油物は、腸内環境を悪化させてしまうため、お通じにも悪影響を及ぼします。

 

 

ダイエットにも便秘にも悪影響を与えてしまう黄体ホルモンですが、女性にとって大切な働きがあるので、分泌量を減らすわけにもいきません。なので、生理中は体重が増えたり、便秘が悪化するのは仕方ないと認識して、焦らずリラックスして過すことが重要です。ストレスはダイエットにも便秘にも、美容にもよくありませんからね。

 

 

毎日基礎体温を測って、記録し、生理の日をしっかり把握しましょう。生理が来る日が分かれば、対策が取れます。また、体重が増えた理由、便秘が悪化した原因が生理と分かっていれば、気持ち的に楽になりますよ。

 

 

生理中でも出来るマッサージ

便秘になるとお腹にガスや便が溜まるので、パンパンに張ってしまうことがあると思います。そんなお腹の張り解消に効果的なマッサージが”の”の字マッサージです。お腹周りをマッサージすることで、大腸が刺激されて動きが活発になり、ガスや便の排泄が促されます。やり方はとても簡単で、一人で出来るので試してみてください。

 

 

まず、右半身を下にして横に寝転びます。このとき右腕を頭の下に置くと、姿勢が安定しますよ。次に、左手を広げておへその下に置きます。そこからおへそを中心にして、ひらがなの『の』を描くように、撫でてください。

 

 

マッサージは、リラックスして行うことが効果的です。無理にガスを出そうといきんだり、お腹に力を入れないでマッサージしてください。なぜなら、大腸は体がリラックスしているときに、活発に動くからです。深くゆっくり呼吸をしながら、左手で優しくマッサージします。これをだいたい5分くらい行います。

 

 

このマッサージは、就寝前にベットや布団の上で行うのがお勧めです。リラックスできるだけでなく、寝る前にマッサージするとお腹周りが温まり寝つきが良くなるからです。

 

 

生理中に限ったことではないですが、便秘を解消するためには食事に気をつけることが重要です。食べるものによって大腸の動きは活発にも鈍くもなり、ウンチの硬さも変わってきます。

 

 

大腸の動きを活発にする食べ物は?