こんにゃくダイエットでお通じもスムーズに

こんにゃくダイエットで便秘解消|食物繊維たっぷりで低カロリー

こんにゃくダイエットとは、普段の食事にこんにゃくを加えたり、食事の前菜としてこんにゃくを食べることで、摂取カロリーを減らすダイエット方法です。こんにゃくは低カロリーで、さらに価格も安いので簡単に始めることができます。

 

 

また、こんにゃくには昔から腸を掃除してくれると言われるように、便秘解消の効果があります。ダイエット中は、食生活の変化やストレスなどによりお通じが悪くなってしまうことがあるので、こんにゃくはダイエットを成功させるためには欠かせないの食べ物です。

 

 

こんにゃくダイエットが効果的な理由

こんにゃくは、100gで5キロカロリーとほとんどカロリーがありません。スーパーなどに売っているこんにゃくは1袋約250gなので、すべて食べても15キロカロリーにもなりません。

 

 

さらに、こんにゃくにたくさん含まれている食物繊維は、お腹の中で大きく膨らみます。なので、食べた後にしっかりと満腹感を感じることが出来ます。満腹感を感じれば、他の食材を食べる量が減るので摂取カロリーを抑えることが出来ます。

 

 

また、お腹の中で膨らんだ食物繊維によって便の量を増やすことが出来ます。ダイエットで食べる量が減ってしまうと、便の量も減るので便意が起こりにくくなります。そのためダイエット中は便秘になりがちです。しかし、こんにゃくで便の量が増えると便意もしっかり起こります。

 

 

こんにゃくダイエットの注意点

ダイエットにもお通じにも良いこんにゃくですが、食べすぎには注意しなくてはいけません。食物繊維を食べ過ぎてしまうと、胃や腸に大きな負担をかけてしまいます。また、慢性的な便秘や極度の便秘の方が食物繊維を食べ過ぎると、便が詰まってしまうことがあります。

 

 

また、こんにゃくばかり食べてしまうと栄養素が偏ってしまったり、カロリーが不足してしまうこともあります、上手にこんにゃくを食事に加えて、食べすぎを防ぐようにしてください。こんにゃくの摂取量の目安は、1日1枚(250g)程度です。

 

 

こんにゃくは味がほとんど無いので、工夫をしないとすぐに飽きてしまいます。炒め物や煮物、汁物に入れたり、こんにゃくステーキなどもあります。スーパーに行けば糸こんにゃくやパスタやラーメンのようなものも売っています。

 

 

少しでも長続きさせるためにも、飽きが来ないように色々と工夫してみてください。

 

 

トップページへ戻る