ストレス お通じ 体重が減らない

ダイエットによるストレスが腸の動きを乱す|体重が減らなくても焦らない

健康な腸は、1分間に4〜5回の割合で収縮運動を行い
便を少しずつ肛門へと運んでいます。寝ている間も、収縮
運動を続けています。このように私達が意識しなくても、腸
が自動的に動けるのは、自律神経がコントロールしている
からです。

 

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、この2つ
がバランスよく動くことで、体を正常に保つことが出来ます。
交感神経は、スポーツ、仕事、勉強、家事などをしている
ときに働きます。副交感神経は、睡眠、入浴、食事など
リラックスしているときに働きます。腸が働くのは、副交感
神経が働いているときです。

 

 

ところが、夜更かしなどにより生活のリズムが狂うと自律
神経も乱れます。また、長い間ストレスを受けてしまうと
交感神経ばかり優位になってしまい自律神経が乱れます。
自律神経が乱れると腸の動きも乱れてしまい、腸の中
に便が留まるようになってしまいます。

 

 

緊張したときや仕事でストレスが溜まったときにお腹の
調子が悪くなったり、旅行に行っていつもと違う生活
パターンになると便秘になってしまう人もいます。
その原因は、自律神経が狂い、腸の動きが乱れて
しまったと考えられます。

 

 

ダイエット中は思ったように体重が減らなかったり、食べ
たいものが食べられないなどストレスがかかりやすいです。
趣味をしたり、ゆっくりお風呂に入ったりしてストレスを
発散してください。

 

 

夜更かしなどはなるべく避けて、生活リズムを整えること
も大切です。また、朝起きたときに、カーテンを開けて太陽
の光を浴びたり、朝食を摂ると体内時計がリセットされ、
自律神経が整います。