お腹の張り 玄米 コロコロウンチ

玄米を食べるとお腹が張ってしまう|コロコロウンチのときは注意

ダイエット中に便秘になってしまう大きな原因は、食事の内容が変わったり、量が減ってしまうことによるものです。食事の量が減ることで、十分な便が作られなかったり、腸の動きを活発にする食物繊維の量が減ることで便通が悪くなります。

 

 

こんなときは食物繊維が多いキャベツなどの野菜やごぼうなどの根菜類を多めに摂ることが必要です。また、ご飯を白米から玄米に変えることも有効です。

 

 

ただし、便秘の原因がストレスのときは、野菜や根菜類、玄米などを多めに摂ってしまうと、便通が悪くなってしまいます。ストレスがかかると、腸が痙攣(けいれん)してしまい、スムーズに動かなくなることがあります。

 

 

ストレスによる便秘の特徴は、コロコロしたうさぎの糞のような便しか出なかったり、下痢と便秘を繰り返したりします。

 

 

こんなときに、便の量を増やしたり腸を刺激してしまう食物繊維を多く含む野菜や根菜類、玄米などを食べると、お腹の張りや膨満感が強くなってしまうことがあります。

 

 

ストレスによる便秘を解消するためには、食材を細かく刻んだり、良く煮込んで柔らかくして食べてください。また、水溶性食物繊維をたくさん含んだ食品を多く食べることも有効です。水溶性食物繊維は、腸で分解されるとゼリー状になるので腸を刺激せず、便を柔らかくすることが出来ます。