ウォシュレット トイレ 排便

ウォシュレットで肛門を刺激して排便をスムーズにんする

トイレに付いているウォシュレットを利用すると、なかなか出なかった便が出ることがあります。ウォシュレットの水で肛門付近を刺激することで、排便が促されます。

 

 

また、ウォシュレットの水により肛門付近に詰った便が湿ることで柔らかくなり、滑りも良くなるので排便がスムーズになります。

 

 

ただし、ウォシュレットは1回につき30〜60秒、1日に1〜3回くらいにしてください。あまりやりすぎてしまうと、肛門付近が皮膚炎を起こしてしまうことがあります。

 

 

水圧の目安は個人差があるので、自分に合った数値に調整してください。痛みを感じるほど強くしてしまうと肛門の炎症の原因となるので注意してください。

 

 

最近のウォッシュレットには、水圧に強弱をつけることで排便を促す『マッサージ機能』が付いたものもあります。もし、トイレに付いているものがあったら試してみる価値ありです。思った以上に効くと思います。いる時が良いですよ。

 

 

さらに、ウォシュレットは痔の予防にもつながります。温水で肛門を洗うことで血行が良くなりうっ血が解消されたり、お尻を清潔に保つことができるので痔には効果的です。

 

 

もし、すでに痔の痛みで苦しんでいるのであれば、ウォシュレットの刺激は、辛いかもしれません。そんなときは、ビデを利用してみてください。うまく肛門に当たるように位置を調整してください。水圧が弱いので、肛門への刺激を弱めることができます。

 

 

排便をスムーズにする食べ物