朝食 お昼 食べ過ぎる

ダイエット中でも朝食はしっかり食べる|腸が刺激され排便がスムーズに

ダイエットを始めると朝食を抜いてしまう人がいます。
しかし、朝食を食べることはダイエットにも便秘解消にも
良いので、朝食は抜かないようにしましょう。

 

 

朝食を抜いてしまうと、お昼になることには過度の空腹
になってしまい、お昼ご飯を食べ過ぎてしまうことがあり
ます。また、人の体は空腹を感じている時間が長けれ
ば長いほど、次の食事をなるべく体脂肪に変えて、溜め
込もうとします。

 

 

つまり、朝ご飯を抜くと、長時間空腹を感じてしまい、
その反動で昼食を食べ過ぎてしまい、さらに体は食べ
たものをなるべく脂肪に変えようとするので体重が増え
ます。

 

 

さらに、朝食を抜くことはお通じにも良くありません。
人の腸は1日に2、3回大きな動きをします。中でも
最も大きく動く時間帯が朝です。このときに、食べ物を
胃や腸に入れることで刺激すると、排便しやすくなります。

 

 

朝食を食べることが大切なことだと分かっていながらも、
朝は食欲が無いので、ご飯を食べられないと言う人も
いると思います。朝食欲が出ない原因は、不規則な
食生活が影響しています。

 

 

夕食を食べ過ぎてしまったり、寝る前に何かを食べると
朝まで胃がもたれるため、食欲が沸きません。
寝る3時間まえには食事を終わらせることが大切です。
夜ご飯に気をつければ、朝には空腹を感じ朝食をしっか
り食べることが出来ると思います。