朝スッキリ出したい

朝にスッキリ出すためには|便意が無くてもトイレに行く習慣

朝は、バタバタしていて、時間も無いのでトイレにゆっくり座れていない人が多いのではないでしょうか。しかし、朝は一日のうちでもっとも大腸が動く時間帯なので、お通じ改善に活用しないともったいないです。

 

 

大腸の動きは、一日の内、数回活発に動く時間帯があります。中でも、朝起きた後がもっとも活発に動いています。また、寝ている間にお腹の中のものが消化され、空っぽになっているので刺激を与えるにはもってこいの時間。

 

 

まずは、朝起きたらコップ一杯の水を胃に流し込んでください。そして、しっかりと朝食を食べてください。水と食事でしっかりと刺激を与えられた胃や腸は、活発に動き出します。

 

 

朝食におすすめな食べ物は、食物繊維がたっぷり含まれているフルーツや野菜です。ただし、食べすぎはよくありません。体は消化することに精一杯になり、なかなか排便できなくなってしまいます。腹6分目くらいに抑えてください。

 

 

朝食の後は、トイレに座ってください。このとき、便意が無くてもトイレに座るようにしてください。出来れば、毎日、同じ時間に座りましょう。出なくても5分〜10分を目安に座ってください。

 

便が出なくても、この習慣を続けていると、体は自然と排便のリズムを作ってくれます。朝のこの時間は、排便する時間なんだなと認識し始めます。こうすることで、排便しやすい状況を作り出すことができます。

 

 

また、トイレにはリラックスして入ることが重要です。大腸は体がリラックスしているときに、活発に動くようになっています。焦ってトイレに入ると出るものも出なくなってしまいます。朝はちょっとだけ早めに起きて、トイレに座る時間を確保しましょう。

 

 

便の出を良くする方法

トイレに座っているときに、腸の動きを活発にするつぼ押しがあります。手首や手の甲などに手軽に押せる便秘に効くツボがあります。

 

トイレで手軽に出来るつぼ押し

 

 

ウォシュレットで肛門を刺激すると排便を促すことが出来ます。

 

ウォシュレットで排便を促す

 

 

トップページへ戻る