善玉菌 増やす 食べ物

善玉菌を増やす食べ物で腸の動きを活発にする|腸内環境を整える

大腸の中には300種類、100兆個にも及ぶ腸内細菌が住んでいます。その腸内細菌の中には、善玉菌、悪玉菌、そのどちらでもない日和菌の3種類がいます。

 

 

善玉菌は、病気から体を守ったり、老化を防止したり、腸の動きを活発にしてスムーズなお通じをもたらします。逆に悪玉菌は、体に害を及ぼし、お通じも悪くします。日和菌は、腸内に善玉菌が多いと善玉菌の味方になり、悪玉菌が多いと悪玉菌の見方になります。

 

 

つまり、お通じの良し悪しは、大腸内にいる善玉菌と悪玉菌の数に影響されます。快便の人の腸内には善玉菌が多く、便秘の人の腸内には悪玉菌が多く住んでいます。以上のことより、便秘を解消するためには、善玉菌を増やすことが必要不可欠です。

 

 

大腸内に住んでいる善玉菌を増やすには

私達が口にした食べ物は、胃や小腸で消化吸収が行われて、残ったものが大腸に送られます。この食べ物のカスを腸内細菌は栄養源としています。そして、善玉菌と悪玉菌は好むもの食べ物が違います。

 

 

なので、善玉菌を増やすには、善玉菌の好む食べ物をたくさん食べて善玉菌を元気にしてください。さらに、善玉菌の敵である悪玉菌が好む食べ物を控えることで、悪玉菌を弱くすることも効果的です。

 

 

善玉菌が好む食べ物

善玉菌が好む食べ物はいくつかありますが、主なものは食物繊維、善玉菌を含む乳製品や発酵食品、そしてオリゴ糖です。

 

 

便秘改善には欠かせない食物繊維は、善玉菌が好む食べ物です。意外と知られていないのですが、食物繊維は2種類あります。野菜などに多く含まれる不溶性食物繊維と海藻類や熟した果物などに多く含まれる水溶性食物繊維です。

 

 

この2種類の食物繊維をバランスよく食べることが効果的です。ダイエット中は積極的に野菜を食べていると思うので、海藻類を意識して取るようにすると良いと思います。

 

 

ヨーグルトや漬物などの発酵食品もお勧めです。善玉菌の一種ビフィズス菌が多く含まれているので、腸内に住んでいる善玉菌が元気になります。そして、オリゴ糖は善玉菌が特に好む食べ物です。

 

 

オリゴ糖は玉ねぎやバナナ、牛乳などに含まれる糖類の一種です。糖類と聞くとダイエット中は避けたくなってしまいますが、安心してください。他の糖類と違い、胃や小腸で消化吸収されにくいため、カロリーはとても低いです。

 

 

ただし、食べ物に含まれているオリゴ糖の量は少ないため、十分な量を摂ろうと思うとたくさん食べ物を食べなくてはいけません。オリゴ糖のカロリーが少なくても、食べ物からカロリーを摂りすぎてしまいます。

 

 

なので、オリゴ糖はオリゴ糖だけを抽出した、オリゴ糖製品を使ったほうが良いと思います。スプーン一杯程度のオリゴ糖を砂糖の変わりに料理に入れたり、飲み物に入れるだけなので、、余分なカロリーを取らずに、手軽に取ることができます。

 

 

 

 

悪玉菌が好む食べ物

卵や肉などの高タンパク、高脂質の食べ物は悪玉菌の大好物です。欧米風の食事には、これらの食材が多く含まれているので注意してください。やっぱり健康にも便秘にも、ダイエットにも魚や野菜が中心の日本食が良いですね。