大腸の動きを活発にする善玉菌を増やしてくれる食べ物

善玉菌を増やす食べ物で腸の動きを活発にする|腸内環境を整える

 

大腸の中には300種類、100兆個もの腸内細菌が住んでいると言われています。その中には、善玉菌、悪玉菌、そのどちらでもない日和菌の3種類がいます。

 

 

善玉菌は、病気から体を守ったり、老化を遅くしたり、腸の動きを活発にしてお通じをスムーズにしてくれます。逆に悪玉菌は、頭痛や肌荒れなどを引き起こしたり、大腸の動きを鈍くして便秘の原因を作ります。日和菌は、腸内に善玉菌が多いと善玉菌のような働きをして、悪玉菌が多いと悪玉菌ののような働きをします。

 

 

つまり、お通じは、大腸内にいる善玉菌と悪玉菌の数に影響されます。快便の人の腸内には善玉菌が多く、便秘の人の腸内には悪玉菌が多く住んでいます。便秘を改善、解消するためには、善玉菌を増やすことが重要になります。

 

 

大腸内に住んでいる善玉菌を増やす方法

私達が口にした食べ物は、胃や小腸で消化吸収が行われ、残ったものが大腸に送られます。腸内細菌は、この食べ物のカスを栄養源としています。善玉菌と悪玉菌は、どちらも腸内細菌ですが、それぞれ好みの食べ物が違います。

 

 

そのため、善玉菌を増やすには、善玉菌の好む食べ物をたくさん食べることが効果的です。さらに、善玉菌の敵”悪玉菌”が好む食べ物を控えると、悪玉菌を弱らせることも出来るので、便秘改善には効果的です。

 

 

善玉菌が好む食べ物
善玉菌が好む食べ物はいくつかありますが、主なものは食物繊維を含む食べ物、善玉菌を含む乳製品や発酵食品、そしてオリゴ糖です。

 

 

  • 食物繊維

便秘改善には欠かせない食物繊維は、善玉菌も大好きな食べ物です。そんな食物繊維には2種類あります。野菜などに多く含まれる不溶性食物繊維と海藻類や熟した果物などに多く含まれる水溶性食物繊維です。

 

 

どちらも便秘解消に欠かせない栄養素ですが、善玉菌は水溶性食物繊維を好んで食べます。水溶性食物繊維を多く含む食べ物には以下のようなものがあります。

 

 

わかめ、ヒジキ、ライ麦パン、ソバ、オクラ、ゴーヤ、モロヘイヤ、ホウレン草、大豆、納豆、ブルーベリー、キウイ、リンゴ

 

  • オリゴ糖

砂糖の仲間の1つオリゴ糖は、善玉菌が特に好む食べ物です。玉ねぎや大豆、バナナ、牛乳などに含まれています。ダイエット中は糖という言葉が気になると思いますが、オリゴ糖には難消化性という性質があるので安心してください。

 

 

難消化性とは、その字のごとく、体内で消化されにくい性質のことを言います。消化されないのであれば、吸収されることも無いので、カロリーとして体に吸収されることが少ないです。
つまり、カロリーを低く抑えることができます。

 

 

ただし、食べ物に含まれているオリゴ糖の量は少ないため、十分な量を摂ろうと思うとたくさん食べ物を食べなくてはいけません。オリゴ糖のカロリーが少なくても、食べ物からカロリーを摂りすぎなってしまいますよね。

 

 

そこで、オリゴ糖を取るには、特にダイエット中の人には、オリゴ糖製品を使うことをおススメします。スプーン一杯程度のオリゴ糖を、砂糖の変わりに料理に入れたり、飲み物に入れるだけ。余分なカロリーを取らずに、オリゴ糖を手軽に取ることができます。

 

 

悪玉菌が好む食べ物
ここまで紹介した食べ物は、大腸の動きを活発にする善玉菌が好む食べ物でした。積極的に食べるようにしてください。次は、大腸の動きを鈍らせる悪玉菌が好む食べ物です。出来るだけ食べるのを控えたほうが良い食べ物です。

 

 

悪玉菌が好む食べ物は、卵や肉などの高タンパク、高脂質の食材です。欧米風の食事、特にジャンクフードにはたっぷり入っているので、食べ過ぎに注意してください。

 

 

元気になった悪玉菌と好物の卵や肉などのエサがあると、有毒ガスがたくさん発生してしまいます。このガスによってお腹が張ってしまったり、横っ腹が痛くなったり、臭いオナラがたくさん出るようになります。

 

 

 

便秘がちな人は、善玉菌が好む食物繊維やオリゴ糖をたくさん含む食べ物を食べて、悪玉菌が好む肉や卵などを取り過ぎないように気をつけてください。

 

 

一番売れているオリゴ糖製品