置き換えダイエット お通じ 栄養

置き換えダイエットでお通じの回数が減る|腸の動きが低下する

置き換えダイエットをすると便秘になってしまうことが
多いです。食べる量が減るので、便の量が減り、
排便の回数がどうしても減ってしまいます

 

 

さらに、置き換えダイエットは食事の量が減るだけで
なく、食物繊維や大腸の善玉菌を増やす栄養素が
減ってしまいます。

 

 

また、ダイエットをすると朝食を抜いてしまう人が多い
ことも便秘を悪化させる原因になります。朝は、腸が
一番動きます。その時に、食事をすると腸を刺激し、
排便を促すことが出来ます。

 

 

ダイエットをするときには、排便を促すものを
食べる、排便を促す習慣を作ることが大切です。
排便を促す食べ物には、食物繊維、オリゴ糖などが
あります。食物繊維もオリゴ糖もほとんど消化吸収
されないので低カロリーです。

 

 

食物繊維は大根やにんじんなどの根菜類、キャベツ
などの野菜、ひじきなどの海草類に多く含まれてい
ます。オリゴ糖は、食べ物に含まれている量は少ない
ので、製品化されたものを利用したほうが良いです。

 

 

同じ時間にトイレに行く習慣をつけることも大切です。
出なくても毎日同じ時間にトイレに座ることで、排便を
促すことが出来ます。また、歯を磨いたり、コーヒーを
飲むと便意が起こることがあります。