ダイエット茶でお通じが悪くなる

ダイエット茶で便通が悪化|危険な成分が入っていませんか?

インターネットや薬局などにダイエット効果をうたったお茶が色々と売られていますよね。お茶を飲むだけでダイエットが出来ると言われると手を出したくなってしまいますよね。

 

 

『お茶だから体に良さそう』としっかり成分を確認しないで買ってしまうと、便通が悪くなってしまう危険もあるので注意してください。成分の中にセンナ、キャンドルブッシュ、大黄(ダイオウ)、アロエなどが入っている商品は、あまりおススメはできません。

 

 

これらの商品を使用すると、すぐに効果が現れることが多いです。ただし 『これは凄い!』 と感じるのは最初だけです。常用すると成分に対して体が慣れてしまい、効果が出にくくなってしまいます。

 

 

長期間使用し続けると、便意が起こりにくくなり、お腹の張りや腹痛、膨満感などの症状が出るようになってしまうことがあります。

 

 

ダイエット茶に含まれる危険な成分

センナ、キャンドルブッシュ、大黄、アロエはすべて植物です。しかし、植物性だからと言って体に良いわけではありません。これらの成分は、腸にとっては毒物となってしまいます。毒物が体に入ってきたことにより、大腸は急いで排泄使用とします。

 

 

この作用を使うことで、センナなどの成分が入っているダイエット茶は排便を促しています。(ちなみにこれらの成分は、下剤にも利用されています。)

 

 

このような成分を使い始めたときは、大腸も敏感に反応するのですぐに便意をもよおします。しかし、長期間使用すると体も成分の刺激に対して、徐々に慣れてくるので、効果も薄くなります。

 

 

また、強い刺激に慣れてしまった大腸は、自然に弱い刺激には反応しなくなります。食べ物を食べて、大腸の中に便が溜まってくらいの刺激では便意が起こらなくなります。自然には便意が起こりにくくなるので、便はおんどん溜まってしまいます。

 

 

便意が自然に起こらず、お茶を飲んでも起こりにくくなったら、最終的には下剤に頼る必要が出てしまいます。そうならないためにも、ダイエット商品や便秘解消商品を使う時は、成分をしっかり確認してください。。

 

 

ダイエットに茶の力を借りるのであれば、黒豆茶やルイボスティーなどがおススメです。脂肪の吸収を抑えてくれる働きがあり、大腸を刺激するような成分が入っていないので安心して飲むことができます。

 

 

もちろん強い成分が入っていないので、すぐには効果は出ないかもしれません。しかし、ダイエットには裏技はありません。バランスの取れた食事と運動を行うことを忘れないでください。