肌荒れ 栄養 便

腸に溜まった便が肌荒れを招く|善玉菌を増やして腸内環境を整える

ダイエット中は、体重、摂取カロリーばかり気にしてしまい
栄養が偏ってしまう人が多いです。栄養が偏ってしまうと
どうしても肌荒れを起こしやすくなります。

 

 

また、便秘にになってしまうと肌荒れに悪影響を及ぼし
ます。胃や腸で消化吸収が終わった食べ物のカスが、
長時間大腸の中に残っていると腐敗してしまい、有害
物質となります。有害物質からは、毒素が発生します。

 

 

毒素が体の外に排泄されれば良いのですが、便秘に
なると毒素も排泄されず大腸の中に溜まります。すると、
毒素は大腸の壁から吸収され、血液に張りこみ全身に
送られます。最終的に、皮膚の毛穴を通じて外に出る
のですが、このとき吹き出物を作ってしまいます。

 

 

また、有害物質は肌の新陳代謝を低下させ、肌が生まれ
変わるサイクルを狂わせので肌を荒らす原因になります。
吹き出物や肌荒れを防ぐには、腸内にいる善玉菌を
増やす生活習慣を行うことが重要です。

 

 

善玉菌を増やすためには、善玉菌を増やす食物繊維、
乳酸菌、オリゴ糖を含む食べ物を積極的に取りましょう。
食物繊維はキャベツなどの野菜、ごぼうなどの根菜類に
多く含まれています。ただし、水をしっかり取らないと便を
硬くする原因となるので気をつけてください。

 

 

乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品、キムチや味噌などの
発酵食品に多く含まれています。特に、発酵食品に含ま
れる乳酸菌は、生命力が強く生きたまま腸に届くので、
より効果的と言われています。

 

 

バナナなどに含まれているオリゴ糖は、善玉菌の1つビフィ
ズス菌のエサとなります。オリゴ糖を摂るとビフィズス菌の
数が増えます。ただ、食べ物に含まれているオリゴ糖は少量
なので、十分な量を摂ろうと思うとカロリーが気になります。

 

 

善玉菌を増やすと同時に、悪玉菌の増殖を抑えることも
必要です。悪玉菌のエサは、卵や肉など動物性タンパク
質や脂質をたくさん含んだ食材です。ハンバーガーやグラタン、
ドーナッツなどに欧米風の食事に多く含まれています。

 

 

腸内環境を整えるためにも、欧米風の食事を避けて
日本食を中心しましょう。。