お腹の張り マッサージ ガス

お腹の張りがマッサージでスッキリ|腸に溜まった便とガスを抜く

お腹の張りや膨満感は、大腸の中に溜まったガスが大腸を圧迫することで起こります。大腸で発生したガスは、通常はおならとして排泄されます。しかし、大腸の動きが低下していると排泄できずに、大腸に溜まってしまいます。

 

 

なので、大腸の動きを活発にすることが出来れば改善します。そこで効果的なのが”の”の字マッサージです。お腹をひらがなの”の”を描くようにさする簡単なマッサージなのですが、大腸をまんべんなく刺激できます。

 

 

大腸は刺激を受けると、動きが活発になるので、お腹に溜まったガス抜けが良くなります。

 

 

食べ物で刺激を与える方法もあります。

 

 

便秘解消マッサージのやり方

まず、右半身を下にして横に寝転びます。このとき右腕を頭の下に置くと姿勢が安定します。次に、左手を広げておへその周りをひらがなの『の』を描くように、撫でてください。これをだいたい5分くらい行います。たったこれだけです。簡単ですよね。

 

 

マッサージをするときのポイントは、とにかくリラックスすることです。なぜなら、大腸は体がリラックスしているときに、良く動くからです。なので、マッサージ中にガスを出そうといきんだり、お腹に力を入れないように注意してください。

 

 

深くゆっくり呼吸をしながら、左手でお腹を優しくさするだけです。就寝前にベットや布団の上で行うとリラックス出来るのでお勧めです。また、寝る前に行うとお腹が温まり寝つきが良くなったり、新陳代謝が上がりダイエット効果も期待できますよ。

 

 

また、お風呂で半身浴をしながら”の”の字マッサージするのも効果的です。お湯にゆっくり浸かることで内臓の温度が上がるので、大腸の動きが活発になります。このときに、マッサージによる刺激が加わるのでかなり効果的です。

 

 

ちなみに湯船のお湯の温度は、ちょっとぬるめの38℃くらいを目安にしてください。熱いお湯に浸かると、大腸に力が入ってしまい、マッサージの効果が減ってしまいます。

 

 

大腸の動きを活発にすることが大切

マッサージをすることで、徐々にガスの抜けが良くなると思いますが、これはあくまで一時的な対策です。常に、大腸がしっかり動いて、ガスがたまらなくすることが大切です。大腸の動きを活発にするためには、腸内環境を整えることが必要です。

大腸の中には、100種類以上の腸内細菌がいます。この中には、善玉菌と悪玉菌がいます。善玉菌は、大腸の動きを活発にする性質があり、逆に悪玉菌は、大腸の動きを鈍らせる性質があります。つまり、お腹が張りやすいあなたのお腹の中は、悪玉菌がたくさんいる可能性が高いです。

 

 

そんな悪玉菌が優勢な腸内環境を改善するためには、善玉菌を増やすことが必要となります。善玉菌を増やすには、牛乳やバナナ、玉ねぎなどに含まれているオリゴ糖が効果的です。

 

 

→オリゴ糖を手軽に摂りたい

 

 

オリゴ糖は砂糖と同じ糖類の一種ですが、他の糖類と違い、体内で消化吸収されずに大腸に届きます。オリゴ糖は善玉菌の大好物なので、善玉菌に食べられます。オリゴ糖を食べた善玉菌は元気になり、どんどん数が増えます。

 

 

ただ、食べ物に含まれているオリゴ糖はわずかなので、十分な量を摂るためには、たくさん食べなければいけません。これはダイエット中の方には、ちょっと辛いですよね。そこでお勧めなのがオリゴ糖製品です。

 

 

最近は、オリゴ糖の効果が注目され、オリゴ糖商品が色々と作られています。それらを使うことで、手軽にオリゴ糖を摂ることが可能になっています。ただし、中には効果が疑わしいものもあるので、商品選びは慎重にしてください。

 

 

↓↓オリゴ糖製品の選ぶポイント↓↓