ヨーグルトで乳酸菌を取ってもお通じが良くならない

ヨーグルトの乳酸菌でお通じは良くなる?|体重が増えてしまうことも

便秘解消のためにヨーグルトを食べている人は多いかと思います。しかし、便秘が解消しないどころか、体重が増えてしまったという人もいるのではないでしょうか?

 

 

腸の中には、100兆個もの腸内細菌が住んでいて、その中には腸の動きを活発にする善玉菌と鈍らせる悪玉菌がいます。ヨーグルトには、善玉菌の1つ乳酸菌がたくさん入っているので、食べることで腸内の善玉菌が増えて、お通じの改善が期待できます。

 

 

しかし、ヨーグルトを食べているのに思ったよりも効果が感じられないと思っている人も多いのも確かです。その理由の1つとして、ヨーグルトに入っている乳酸菌のほとんどが生きたまま腸に届かないからです。胃の中を通るときに、胃酸によってやられてしまいます。ただ、乳酸菌の死骸は腸内の善玉菌にエサになって、善玉菌を元気にするので、効果がまったく無いわけでもないです。

 

 

最近は、『生きたまま腸に届く乳酸菌』が含まれているヨーグルトがありますよね。このタイプのヨーグルトに含まれている乳酸菌は、植物性乳酸菌です。漬物などの植物性発酵食品の中にいる乳酸菌で、乳製品に含まれる動物性乳酸菌に比べて生命力が強いので、胃酸にやられずに生きたまま腸に届く可能性が高いです。

 

 

ただし、生きたまま腸に届いた乳酸菌でも、腸に住み着くことはほとんどありません。体の外から入ってきた乳酸菌は、腸から異物と見なされて、すぐに排泄されてしまうからです。なので、ヨーグルトを毎日食べて、常に乳酸菌を腸に送り続けないと効果は出にくいので注意してください。

 

 

低カロリーで善玉菌を増やす食べ物

ヨーグルトは健康にもお通じにも良いのですが、意外とカロリーが高いので、ダイエット中の人は気になるところですよね。低カロリーの製品を選ぶ、もしくは別の食材で善玉菌を増やすことが欠かせません。

 

 

腸内の善玉菌を増やす方法には2つあります。1つがヨーグルトなど善玉菌を含む食べ物を食べること。もう1つが、すでに腸内に住んでいる善玉菌を元気にして、数を増やしてあげることです。すでに腸内にいるので、胃を通ることも無く、大腸から異物として見られることもないので効率が良いです。

 

 

腸内に住んでいる善玉菌を元気にするためには、善玉菌の栄養源をたくさん腸に送ってあげることが必要です。その栄養源となるのは、玉ねぎやバナナ、牛乳などに含まれているオリゴ糖です。オリゴ糖は、胃腸で消化吸収されること無く、そのままの形で善玉菌に食べられます。

 

 

オリゴ糖を食べた善玉菌は元気になって、数がどんどん増えて、大腸の動きが活発になります。さらに、大腸の動きを鈍らせる悪玉菌をやっつけてくれるので、お通じはどんどんよくなります。

 

 

オリゴ糖は、食べ物から取ることが出来るのですが、食べ物に含まれている量は多くないので、十分な量を取るのがちょっと難しいです。特に、ダイエット中で食事の量を抑えている場合は、かなり難しいと思います。そんなときはオリゴ糖製品に頼ってみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

オリゴ糖はほんのり甘く、カロリーが低いことも特徴のひとつです。乳酸菌が含まれている無糖ヨーグルトに、食物繊維が入っている果物を入れて、さらにオリゴ糖をかける。お通じ改善に効果的な食べ物を複数種類一緒に食べることができれば、効果も倍増します。ぜひ試してみてください。

 

 

ダイエット中でも安心して取れるオリゴ糖製品