ヨーグルト 乳酸菌 便通

ヨーグルトの乳酸菌でお通じは良くなる?|体重が増えてしまうことも

便秘解消のためにヨーグルトを食べている人は多いかと思います。しかし、『毎日ヨーグルトを食べても便秘が解消しない』『体重が増えてしまった』という人もいるのではないでしょうか。

 

 

腸の中には、100兆個の腸内細菌が住んでいると言われます。その中には、腸の動きを活発にする善玉菌と鈍らせる悪玉菌がいます。ヨーグルトには善玉菌の1つ乳酸菌がたくさん入っているので、腸内の善玉菌を増やすことが出来ます。

 

 

しかし、その作用は期待したよりも少ないかもしれません。その理由は、ヨーグルトに入っている乳酸菌のほとんどは胃の中で死滅してしまい、生きたまま腸に届かないからです。もし、届いたとしても、腸からは異物と見なされてしまい、排泄されてしまいます。

 

 

それでも、死んでしまった乳酸菌は腸内の善玉菌にエサになるので、ヨーグルトを毎日食べ続けるとある程度は元気にすることが出来ます。ただ、ヨーグルトは動物性脂肪なので摂りすぎると体重が増えてしまうこともあります。

 

 

最近は、生命力が強く、生きたまま腸に届く乳酸菌”植物性乳酸菌”が含まれているヨーグルトも売られていますよね。植物性乳酸菌は漬物などの発酵食品に含まれている善玉菌です。植物性乳酸菌が配合されたヨーグルトのほうが、便秘解消の効果が高いかもしれません。

 

 

低カロリーで善玉菌を増やす食べ物は?

便秘を解消するためには、腸内にいる乳酸菌などの善玉菌を増やしてあげることは必要です。ただし、体の外から新しい善玉菌を取り入れても、腸の中で育てることはとても難しいです。ほとんど住み着きません。

 

 

腸内の善玉菌を増やすためには、すでに腸内に住んでいる善玉菌を元気にして、数を増やしてあげることが効果的です。すでに腸内にいるので、胃を通ることも無く、大腸から異物として見られることもないですからね。

 

 

腸内に住んでいる善玉菌を元気にするためには、善玉菌の栄養源をたくさん腸に送ってあげることが必要です。その栄養源となるのは、玉ねぎやバナナ、牛乳などに含まれているオリゴ糖です。オリゴ糖は、胃腸で消化吸収されること無く、そのままの形で善玉菌に食べられます。

 

 

オリゴ糖を食べた善玉菌は元気になって、スムーズなお通じに必要な腸内環境を作ってくれます。

 

 

低カロリーなオリゴ糖はこちら