ダイエット 便秘解消 食事制限

ダイエット中の便秘を解消する|お通じをスムーズにする習慣は

ダイエットをしている女性の多くは、便秘に悩まされることが多いです。便秘になると、下腹がチクチクする、下っ腹がポッコリ、ウンチが硬くてスッキリできないなどの症状が現れます。イライラしたり、口臭が気になってしまうのも便秘が原因の可能性があります。

 

 

さらに、便秘になると口周りに吹き出物(ニキビ)が出来やすくなるなど肌への悪影響も出てしまいます。せっかくダイエットして見た目を綺麗にしたいのに、肌が荒れてしまっては元も子もないですよね。

 

 

女性はもともと体質的に便秘になりやすく、そこにダイエットをするわけなので便秘になる可能性はかなり高いです。なので、女性がダイエットをするときは便秘対策が必要不可欠です。

 

 

 

便秘が女性に多い理由

筋力が弱い

排便をするときには、腸の動きによって便を送りだし、お腹の周りの筋肉により便を押し出します。一般的に女性は筋肉が少ないため、便を送る力も押し出す力が弱いです。なので、上手く排便出来ないため、便秘になってしまうことが多いです。

 

 

さらに、妊娠や出産を経験すると、お腹周りの筋肉が弱ってしまう傾向にあります。

 

 

女性ホルモン

女性ホルモンの1つ黄体ホルモンが便秘に大きな影響を与えます。黄体ホルモンは、体を妊娠に備えた状態にするために体内に水分を溜め込む働きがあります。しかし、この働きにより大腸による便の水分を吸収するのことを促進してしまいます。

 

 

すると、便は硬くなり、排出が難しくなります。また、黄体ホルモンには大腸の動きを抑える働きもあります。黄体ホルモンは排卵前から月経までの時期にたくさん分泌されます。生理前に便秘がちになるのはこのためです。

 

 

ダイエットと便秘の関係

■食事制限が引起す

ダイエット中は、普段よりも食事の量を減らす人が多いと思います。食事の量が減ると、便の元が減ってしまいます。便の量が減ると、便意が起きにくくなってしまい便秘になります。

 

 

また、食事にはお通じをスムーズにする水分、食物繊維、油が含まれています。食事の量が減ることで、これらの摂取量が減ってしまいことも便秘になる原因です。(適量な油は、便の動きをスムーズにすることが出来ます。)

 

 

■下剤ダイエットは危険

『食べ物をたくさん食べても、脂肪になる前に下剤で出してしまえば体重は増えない』という下剤ダイエットが話題になったことがあります。しかし、下剤で体重が減ることはありません。

 

 

逆に、下剤を乱用することで腸が動かなくなってしまったり、全身のむくみが出たり、命を危険にさらしてしまうこともあるので下剤ダイエットは絶対にやめてください。

 

 

ダイエット中の便秘を防ぐには
食生活に気をつける

私達が食べたものは胃や小腸で消化吸収され大腸に送られます。そして、大腸で便に作り変えられて排泄されます。なので、私達が食べたものにより便の硬さが変わり、さらには大腸の動きにも影響を与えます。

 

 

無理な食事制限や欠食ダイエットを行うと、便は硬くなり、大腸の動きも鈍くなってしまいます。なので、ダイエット中でも、むしろダイエット中だからこそ何を食べるかに気を使ってください。

 

 

お通じをスムースにする食事

 

 

お腹周りの筋肉によって、大腸に溜まった便を押し出しています。なので、スムーズなお通じには、お腹周りの筋肉が必要不可欠です。そんな大切な筋肉ですが、使わないどんどん弱ってしまうので、しっかりと鍛えてください。

 

 

といっても、辛い運動をする必要はなく、誰でも出来る簡単な運動で十分です。筋肉を増やすことが出来れば、お通じが良くなり、さらに太りにくい体にもなります。

 

 

簡単で効果的な運動